ゲイジャパン

MENU

  • googole+

犯罪を犯した受刑者がもしも「射精」まで管理されているとしたら…

犯罪を犯した受刑者がもしも「射精」まで管理されているとしたら…

投稿日:2016年07月20日

再生回数:996 views

FavoriteLoadingお気に入り

犯罪を犯した受刑者の「射精」まで管理する刑務所が実在したらというポルノハブ配信の無料ゲイ動画です。「射精管理刑務所」と銘打ったこちらの動画。実際こんなところがあったらと思うと思わずゾッとします…刑務所内で全てを管理されている受刑者。自慰行為もその管理下の一つです。夜な夜な看守の目を盗んでチンチンを扱いている一人のイケメン受刑者。しかし、看守に発覚してしまいます!無理矢理連れだされ、ドSの看守長の前までつれてこられる受刑者。「施設内での自慰行為は禁止だ」とつげますが一切返事は無し。そんな反応が逆に気に入ったのかドS看守長は「そんなにしたいなら目の前でしろ」と受刑者目の前での自慰行為を強制します。しかし、受刑者も受刑者で禁欲生活が限界だったのか、なんの抵抗も示さずにさっさと全裸になると堂々とオナニー開始。むしろ見られながらのセンズリを楽しんでいるかのようです。受刑者に命令しながら自慰を強要する看守長ですが、ガマンできなくなったのか「手伝ってやろうか…?」と受刑者のオナニーに強制参加(笑)警棒で乳首を責めながらイヤらしい台詞を言いまくる看守達。すると受刑者の興奮も頂点に達したのか「11番射精しそうです!」と宣言(笑)すると、リズミカルに上下している手を警棒で叩かれ、「そう簡単にはイカせねぇよ…」と射精させてもらえません。モンモンとしたまま房へ戻されたイケメン受刑者11番。この後彼は無事に射精することができるのでしょうか…?